明けましておめでとうございます〜ノッティンガムより〜


こずえさん

明けましておめでとうございます。こちらイギリスは暖冬で穏やかな新年となりました。

nottingham201701 Photo by Michael Paker 

女王様がchest infectionに!

たくさんの人が流感にかかって、うちの健康一点張りの主人もなんと肺炎!女王様もchest infection (肺炎とはいっていませんが、もしかしたら肺炎だったかも)12月のクリスマスのミサ、新年のミサにも出席になさることができず、国民が心配していました。

やっと先週の日曜日にミサにいらっしゃり、ほっとしたところです。

最近Netflixで’The Crown’ という番組のシリーズ1が放映され、女王様の私生活を垣間見ることができました。日本でも観れるのかな。


Netflix ‘The Crown’(こずえ:会員になれば日本でも観られますね!)

イギリスの今年はどうなるのか

去年の終わりごろから、2017年の経済の行方を予測するコメントがたくさんあって、大方のエコノミストによると、今年は、大変な年になるらしいです。

メイ首相が昨日スカイニュースのインタビュー時にEU離脱の確固たる姿勢を表明。移民問題を優先させることを強調し、EUマーケットへのアクセス確保への姿勢の柔軟化が示唆されたことでポンド売りが始まり。一時、全為替(トルコリラを除いて)に対して1%以上も下落してしまいました!

今のところ、Brexit後のポンド安でイギリスの製品の海外からの注文が増えて、会社の利益が潤っているらしいのですが、今年は海外からまかなっている材料費がポンド安の影響で値上がりし、大幅な値上げが避けられなくなる。そうすると注文が減って経済はスパイラルで下方向に向かうとの予想。おまけに、

index
世界経済のネタ帳より

イギリスの消費者は食料品(ほとんどが輸入)から衣料品にいたるまでの値上げで四苦八苦(が始まるところ)。

王手スーパーのテスコは、イギリスで人気のある’マーマイト’(という塩辛いイーストのパンにつけるスプレッド)の値上げに対抗して、なんとスーパーの棚からはずしてしまった。その後ユニリバーとこの紛争を解決しましたが、今年はどうなることやら。

Tesco and Unilever settle Marmite dispute(the guardian:英語)

こずえ様、日本の2017年の行方は?築地の魚市場はどうなるんでしょうね。またお便りください。楽しみにしています。