ノッティンガムから見るイギリスEU離脱・それでもお腹は空く

こずえ様

大変なことになりました。国民投票でEU離脱になってしまった。

イギリスEU離脱

あの選挙の日は午前2時まで起きて見守っていましたが、とうとう睡魔に勝てず眠ってしまいました。朝起きてラジオから流れる投票の結果が、まるで悪夢の中にいるかのように聞こえました。

しっかり起きてコーヒーを飲んで落ち着いて聞いたラジオからは、離脱という言葉が流れ続け、気持ちは「なぜ」「まさか」「とんでもない」「きっと何かの間違い」と動転。その日は一日、何が何だかわからないまま過ぎてしまいました。

いろいろなメディアから聞こえてきたのは、離脱に投票した人の後悔、若者たちの怒り、キャメロン首相の10月総選挙と同時の辞職。その脇でボリス・ジョンソン(離脱派)のこれからのイギリスについての責任感があるのかないのかわからないそぶりがテレビで写しだされてました。

週末はまるで何もなかったかのようにクリケット(スポーツです!)をしてたとか。スコットランドは、再度の国民投票をしてUnited Kingdomから独立してスコットランドとしてEUに参加するようなことをスコットランド党が言い始めたり、とにかく混沌の中にはまりつつあります。

離脱を選んだ多数は65歳以上の人たちです。若者の70%以上はEU残留に投票したとのこと。65歳以上の有権者たちの大多数が投票したにもかかわらず、若者たちの多くが投票をしそびれたというのも現実でした。下の地図を見ると一目瞭然です。

enlandexit
http://www.derrynow.com/news/brexit-how-northern-ireland-voted/100160より

スコットランドはすべて残留でもスコットランドの人口はイギリス全体のわずか8%。ロンドンとその周辺は黄色で残留をしめしていますが、それ以外はほとんど離脱。でも離脱と残留の投票数のギャップはわずか数%。最終結果は1700万人が離脱、1600万人が残留でした。

ノッティンガムも離脱に入ってますが、もっとマクロで見ると私たちの住んでいるエリアは、残留組が多かったです。現在フェイスブックに請願ページができたらしくすでに100万人が署名したとのこと。
Brexit: How Northern Ireland voted – UK set to leave the EU

ポンドは世界中で売れまくられ、株式市場は世界中どこも下がり、ショックはあっという間に世界に広がってます。

さて、これからどうなるのか。とにかく「見えない」uncertainty(不確実なこと)が多すぎて、だれにもこれからどうなるのかわかりません。インフレは確実に起こるようです。現在の1%から3-4%ぐらいまで予想されています。現在輸入しているものがポンドが下がったために起こってしまいます。野菜や果物、お肉まで影響が出てきます。

キャメロン首相は10月の辞任までArticle52を発行しないらしく、次期首相に全てを任せるそうです。Article52というのは離縁状のようなもので、これを正式に出してから離縁の正式な交渉がはじまるとのこと。Divorcing EU(EUから離縁 divorceというのは夫婦の離婚に使われる言葉)という言葉がメディアでたくさん聞こえてます。本当にツライ次期に入りました。

英離脱、EUはざまの小国の知恵(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO04029770U6A620C1000000/
離脱派を先導した「英国独立党」の危険な素顔(東洋経済Online)
http://toyokeizai.net/articles/-/124560

それでもお腹は空く〜食べ物ネタあれこれ〜

・Ben&Jerry
のコットンキャンディは、こちらでは見たことがないです!カップも映画館やロンドンの劇場以外では見たことがない。ご当地アメリカではすごい種類のアイスがあるようで、輸出する国々で売る種類が違うんでしょうね。イギリスとフランスでも同じブランドが全く違うものを売ってたりしますからね。

アメリカのBen&Jerry
http://www.benjerry.com/

・リプトンティ
のピーチ味(ボトル入り)は、最近やっとイギリスでも買えるようになりましたが、以前はフランスでしか飲めなかった。シャンプーも香りが違う!今年はまた8月にフランスに行くのでその辺のリサーチしてきますね。

・綿アメ/フルーツフローズンバー
は、こちらでは子供の食べ物でお祭りで売ってます。それにしてもこの綿アメはかわいい!「フルーツフローズンフルーツバー」は、パリとミラノで見たことがありますが、ノッティンガムではまだ。ロンドンでもわたしが行くエリアではまだお目にかかったことがありません。イギリス人には、ちょっとヘルシーすぎるのかな。この辺のヘルシーに関するイギリス人の考える健康についてもまたお話したい。

・クリームティ
といえばスコーンにclotted cream (クロテッドクリーム)とジャムが定番。アフタヌーンティというと、それにサンドイッチとケーキもついてくる。食べきれないぐらいの量ですよね。スコーンはとっても簡単に作れてできたてホヤホヤを頂くのが一番おいしいと我が家では思ってます。作ったらそうですね2時間以内になくなります。でもフレッシュなときが一番おいしい。今度作ったら写真アップします。

scorn2
こずえ様、突然ですが今週末に帰国することになりました。ぜひぜひ会ってお話したいですね。

やっぱり伺ってみたい「離脱」のこと&食べ物ネタあれこれ

かほりさん、

世界中がイギリスに注目している中、こののほほんとした文通でも「その話」に触れないことは、むしろ不自然なような気がしてしまう今日この頃ですが、お元気でしょうか?

日本のメディアでも「離脱」という結果に伴う、イギリス政府やロンドンの状況、EU各国の反応、日本への影響が連日取り上げられていますが、ノッティンガムの状況、そこに住む方々の日常、そしてかほりさんの「リアルな気持ち」を伺ってみたい衝動が。

差し支えない範囲で教えて頂けたら嬉しいです!

nottingham
ノッティンガムは、イングランドの中心部ノッティンガムシャーにある単一自治体。町の中心をレーン川が流れ、南の境界線にはトレント川が流れている。 人口はおよそ275,100人とイングランドでは27位、郊外には70万人以上が住んでいると言われている。学生が多く、人口の約10%は学生である。
Wikipedia:ノッティンガム より

また、若年層はRemainを望んでいる人が多い、という情報に、複雑な気持ちになりました。
https://pbs.twimg.com/media/ClsDZaAUsAADlcS.jpg

「Great Britain」ニュースで何度か聞いた言葉と、その言葉に気持ちを置く世代と、ロンドン市民の動きと・・・まだ大きな波がありそうですね。

日本のアイスクリーム事情あれこれ続き

のほほんとしたネタも書いておきますね〜。
森永が作っているParmは、マグナムをお手本にしてるような気がします。
コンビニで1個で売っているので、こちらに来られる時は是非召し上がってみて下さい〜。

オフィシャルサイト
http://parm-ice.jp/

ちなみに、Ben & Jerryは2012年に日本上陸してますが、ユニリーバの子会社なんですね。表参道ヒルズにお店があるようなんですが、カップ商品はかなり販売領域を広げてるみたいで、早速近場で買ってみました。
取扱店:http://reizoko.benjerry.jp/shoplist.html

benjerrys1
benjerrys2
1個400円!TOHOシネマズで買ったからかしら・・・高過ぎます(涙)

土台のアイスクリームは綿アメを模しているようで、フワッとかる〜い味。パステルカラーのプチプチした食感が新しい!今度はぐっとヘビーそうなクッキークリームを食べてみたいですが・・・お値段が・・・。

日本のアイスクリーム市場は超超飽和状態だと思うので、なかなか切り込んで行くのは大変そうです。アメリカ〜ンなフレーバーはサーティーワンと被る気がるするし、エシカルとかフェアトレード的な部分のスピリットを感じますが、日本ではなかなか評価されないので、何かこう、イマイチ押しがないような・・・私はハーゲンダッツ派です。

昨今はインスタ流行で見た目重視なので、ちょっと地味だし、パケがベタ過ぎるかも・・・そうそう綿アメと言えばこんなのが流行ってますよ。

カラフル可愛い♥『巨大わたあめ』のお店が原宿にオープン!
http://curet.jp/article/6209


 

アイスに戻ると、日本では「フルーツフローズンフルーツバー」のパレタスがちょっと前から話題です。
http://www.paletas.jp/


#パレタス #パレタス

パレタスさん(@paletas_japan)が投稿した写真 –



 

一昨年くらいは、かき氷がフィーバーしてました。コベントガーデンでかき氷店やったら、流行らないかしら(笑)

このお店はかき氷専門店で美味しかったし、楽しかったです!
yelo4 http://taberu.sakuradakozue.com/yelo-kakigori-roppongi/

アシェット・デセール、アフタヌーンティー

アシェット・デセール(皿盛りデザート)というのが、ちょっとキーワードになっているんですね。どれか行ってみたい!
https://www.rankingshare.jp/rank/ysgnqmdday


最近は、インスタで拡散されやすいビジュアル重視のスイーツが流行っているように思います。オシャレなお店に行く私、オシャレピープル。私もそんな積極的な勘違いをして消費社会に貢献する一人です(笑)

同じような「女子喜ぶ系スイーツ祭」と言えば、アフタヌーンティー。「3度の飯より好き」と言える程の好物です。

アフタヌーンティーレポ一覧
http://taberu.sakuradakozue.com/category/afternoontea/

一番のオススメはザ・ベーシックな帝国ホテル。
imperialtea54

来年はイギリスに行きたい!と思っているので、郊外の素敵なマナーハウスで、ロンドンのホテルで・・・と夢を膨らませています。オススメがあれば、是非教えて下さいね!

それにしても、前回頂いた画像のパーティー度がスゴイです・・・「クリームティ」という言葉も、帽子も、正装してピクニック、カゴバックにシャンパン・・・全てが日本には馴染みがない感じで、ドキドキします。

私もやってみたいけど、どこでやろう(笑) 代々木公園かな(笑)

partyoutdoor 写真はイギリスのタブロイド新聞ミラーから copyright PA


それではまた!


こずえ

イギリスの雨とアイスと紳士淑女

こずえさん、
沖縄は梅雨明け宣言をしたとか。

イギリスには、「梅雨なんてないんですよ」と去年までは言えたのですが、なんと今月は雨が一番多い6月になりそうです。5月の終わりから6月の始めは、晴天で暑い日が続いて、スーパーにバーベキューコーナーがいつもより早く用意されてたのですが、今は日本の梅雨を思い出すぐらい毎日雨が降ってます。

とはいうもののイギリスは一年中曇りのち雨の日が多いのが普通です。天気の変わりやすいことでも有名で一日のうちに晴れ、曇り、雨、あられ、雷と続くときもあり、挨拶の変わりに天気の話をするのもイギリス人気質のひとつです。

Hunterブーツとカントリーサイドウォーク

Hunter は、イギリスでも大人気です。雨靴というより、カントリーサイドに歩きに行く時にはく人が多いようですね。Barbourのワックスのジャケットを着てHunterをはくのがクラシックな定番です。



Hunter:http://www.hunterboots.com/

Barbour:http://www.barbour.com/uk#

最近では、Hunterに飽きた女性は、カントリーブーツというのをはいてる人も出てきました。(画像はこちら)乗馬をする人が主にはくブーツのようです。わたしもこの冬は、買ってみようかなと思ってます。

イギリス人は傘をさしません

フルトンの傘は、個人的には知りませんでした!こちらの人は、雨が降っても傘をさしている人はあまりいません!土砂降りの場合は別だけどね。

特にノッティンガムの人は、日本人が想像するイギリス人のようにファッショナブルでないので、素敵な傘を持っている人は見かけたことがないですね。うちの娘は軽くて小さい折りたたみ傘を持ち歩いています。実用性一番みたいです。

有名な傘のお店といえば、James Smith & Sons でしょうか。



James Smith & Sons
https://www.james-smith.co.uk/

お店に入ると何だかタイムスリップしたような気持ちになります。紳士用が主ですが、女性用も置いてあります。一度買ったら一生使うようなものです。修理もしてくれるらしいです。夫のお父様の形見のとても素敵な傘があるんですが、直してもらえるところを探してもどこにも見あたらない。日本だったら簡単に見つかりますよね。

イギリス人家庭のアイスクリーム事情

ガリガリ君は、私も大好き!こちらでは、棒のアイスといえばマグナム、ファブかな。スーパーやニュースエージェント(コンビにみたいな小さいミニスーパー)で買います。
ちなみに、イギリスでは棒付きアイスを「ロリー:Lolly」と言います。

マグナムのチョコ付きアイスや、


ファブといわれる三層になったものがうちの子供たちには人気。
Fab-Lolly
そうそうロンドンのオリンピックの時にスタジアムのすぐ近くにマグナムが’Pleaure Store‘(「お楽しみストア」とでも訳しましょうか)を開店して、自分の好きなチョコとトッピングで作ってくれました。今は、ロンドンのコベントガーデンに行くとトライできます。でもいつも長蛇の列!

magnumall #写真の一部はマグナムのサイトから。

でも公園にいくと必ずあるのがアイスクリームヴァン。ハリーポッターのロンは、映画で稼いだお金でヴァンを買ったそうです。

icecream_1
ハーゲンダッツは、こちらでも人気。スーパーではいつもBen&Jerryと競いあって値下げ合戦があって、消費者としては、安い方をいつも買わせていただいています。

Ben & Jerry
http://www.benjerry.com/
benjerrys

スポーツイベントは紳士淑女の社交場

6月のイギリスは、特に毎年スポーツのイベント盛りだくさんで、一番楽しい月かもしれません。今年はサッカーのEuro2016もあって、ウインブルドンがかすんで見えます。レガッタ(川をボートで下る)も各地であります。

ロイヤルと名のつくイベントもたくさん、ロイヤルレガッタ、ロイヤルアスコット(競馬)など。ロイヤルアスコットは、紳士淑女が集まる社交場としても有名。女性達はみな帽子をかぶります。そこでシャンペンを飲んで、クリームティを頂きます。クリームティは、日本ではアフタヌーンティとして知られているかな。今度詳しくレポートしますね。

partyoutdoor 写真はイギリスのタブロイド新聞ミラーから copyright PA

Recipes from the home kitchen in Nottingham

ペストを作りました!
バジル、にんにく、塩、オリーブオイル、松の実、パルメザンチーズ。超おいしいです!

basilsauce

日本の話題で気になること

イギリス人はデザートが大好き。デザート専門の店もあります。
こんなのが東京にもあるみたいだけど、こずえさん、知ってる?

寿司店のように目の前で供するデザート。オーナーシェフ1人が切り盛りする人気店
http://www.dreamgate.gr.jp/news/4708?utm_source=email&utm_medium=0531

デセール ル コントワール
http://lecomptoir.jp/

長靴とアイスと梅雨入りと

かほりさん、
大変ご無沙汰してしまいました、櫻田です。
こちらは梅雨に入り雨の日が多いですが、ノッティンガムはいかがですか?

イギリスの長靴Hunterと、透明傘のFultonが人気です

雨と言えば、ここ10年くらい日本人女性の間では「長靴」が流行っています。最近ちょっと下火ですが、イギリスの「Hunter」が大人気で、品薄だった頃も。私も遅ればせながら買いました。

hunters1

Hunter公式サイト
http://www.hunterboots.jp/hunter/

今はバレエシューズタイプが人気なのかもしれません。


 

英国王室御用達の傘「フルトン」も人気があって、一つ欲しいなと思ってます。

フルトンアンブレラ公式サイト
https://fultonumbrellas.jp/ec/


どちらも、イギリス人の間でも人気のブランドなんでしょうか?

日本の一般家庭アイスクリーム事情

また、気温も高い日が増えて来ました。

暑くなって来ると我が家の冷凍庫は日々満員御礼。というのも、二人とも大好きなアイスが大量にストックされるからです。

定番メンバーは、ガリガリ君とハーゲンダッツです。

特に夫はガリガリ君が大好きで、いつも新商品が出るのを楽しみにしたり、お気に入りの味が製造中止になって悔しがったり、夏になると情報収集に大忙しです(笑)

赤城乳業:ガリガリ君オフィシャルサイト
http://www.akagi.com/brand/garigarikun/

近所のスーパーのアイス売り場ですgarigarikun1

昔懐かし、昭和の香りがするところも、人気の秘訣かもしれません。かほりさんも日本にいらした幼い頃は、おなじみのアイスだったのでしょうか?

一方、ハーゲンダッツは「コンビニで買えるちょっとした贅沢」的な位置づけで、日本人は彼らアメリカ人のマーケティングにすっかりハマっているようです(笑)

ハーゲンダッツオフィシャルサイト(日本)
http://www.haagen-dazs.co.jp/

自宅の冷凍庫。期間限定のソルティバニラ&キャラメルにハマってます。haagendazs

ハーゲンダッツは世界で4ヶ所しか工場がないのですが、その一つが日本にあるとか。近くのコンビニやスーパーには、必ず置いてあります。

イギリスの家庭のアイスや人気のアイスって、どんなものがあるんですか?

こずえ